眠るときにはリラックスしたい!ベッドルームのレイアウトを考えてみよう

お探しの商品在庫の有無、各種送料や配送スケジュール等のご確認は、こちらのお問い合わせフォームから、
又はshop@space-design.infoへメールで、ご連絡をお願いします。※弊社休日を除き、48時間以内に回答させて頂きます。
ソファ特集 Space Design Blog facebook
眠るときにはリラックスしたい!ベッドルームのレイアウトを考えてみよう

眠るときにはリラックスしたい!ベッドルームのレイアウトを考えてみよう

1日中仕事に追われていて、やっと解放されて眠りに就くとき、至福のひとときだと感じる人もいるでしょう。
その日1日のやるべきことをすべて行って、布団をかけて横になるときにホッとできますよね。

そんな時、ベッドのデザインが素敵であれば、より深い睡眠を得られるのではありませんか?
もし自分の部屋に何か物足りなさを感じたのであれば、ベッドルームのアレンジを替えてみるのも良いかもしれません。

ここではインテリア雑誌や書籍、サイトで紹介されていたオシャレな寝室をいくつか紹介したいと思います。
カバーを替えるだけでも、ベッドルームの印象は大きく変わりますから意外と侮れませんよ。

lwyCQ20110825184120

参照:http://the-moon.jp/

1.季節によって素材を変えてみるのもおすすめ

季節によって、ベッドに求めることが変わってくると思います。
たとえば夏場は暑苦しいですから、サラサラした素材のものが良いでしょうし、冬場であればぬくもりの感じられるような素材が良いですよね。
具体的には夏場には麻のもの、冬場はニットのファブリックのものをチョイスすると、いつでも心地よい眠りを堪能できるはずです。

また男性の一人暮らしの場合、クールなテイストのベッドルームになっている人も多いと思います。
その場合、ニットの毛布を入れるだけでも一気に柔らかい感じに変化しますね。

3fe1da148cf7399ab53d648ad5e4c1d5

参照:https://jp.pinterest.com/

2.カラフルな寝室に変える方法は?

カラフルなコーディネートにしてしまうと、落ち着いて眠れなくなるのでは、と思う人もいるでしょう。
しかし色のバランスをしっかり取っていれば、カラフルでポップですが落ち着ける空間にできるはずです。

たとえばピンクのようなインパクトのある色を持ってきたとします。
しかしその他を黄色や黄緑のような明るめで、淡い色合いのものと組み合わせるとまとまりのある感じに仕上がります。
ピンクがいいアクセントになって、ベッド全体の印象をグッと引き締めてくれる効果もありますね。

bedroom-stylish6

参照:http://stylish-room.com/

3.補色のコーデでまとまりのあるベッドルームに

カラーを組み合わせるときに、補色をうまく活用してみるとバランスの取れたベッドルームになるはずです。
たとえば黄色に対しては青が補色になりますから、両者を組み合わせたコーディネートを考えてみましょう。

お互いの色を引き立てるような感じになりますから、オシャレでかつまとまった印象の部屋になるはずです。
パステル系の黄色と青色であれば、落ち着いた雰囲気も壊さず、居心地のいい寝室になると思いますよ。

b7742564751d79ef8795b7f9dbca4b7f

参照:https://jp.pinterest.com/

4.なかなか寝付けない人はブルーベースの寝室に

寝つきが悪くて慢性的な睡眠不足の状態が続いているという人はいませんか?
その場合、ベッドやクッション、ラグといったものをブルー系統のものでまとめてみると良いでしょう。

ブルーには沈静色とも呼ばれていて、気持ちを落ち着かせる効果があります。
なかなか寝付けないというのは、興奮状態にあるからだと考えられます。
そこで目の届く範囲にブルーを配置することで、少しでも気分をリラックスできるようにしましょう。

5.間接照明を使って居心地のいい寝室に

寝室は夜眠るために利用することが多いでしょうから、照明はある意味欠かせないアイテムといえますね。
照明の使い方一つでも、ベッド周りの印象は大きく変わります。

間接照明を使って、眠りに落ちる前のひとときをまったり過ごしてみませんか?
たとえば、ベッドの左右に同じ照明器具を置くというやり方はベーシックなコーデとされていますから、さっそく導入してみませんか?

6.観葉植物に癒されるベッドルーム

観葉植物を部屋の中に持ってくる人も増えています。
その理由の中でも多いのが、癒されるからというものです。
ならば、ベッドルームに観葉植物を持ってくれば、癒されて心地よい睡眠がとれるはずです。

たとえば、天井からつるすような観葉植物のコーデはおすすめですね。
眠っているときに視界に飛び込みやすくなりますから、癒しを受けやすいでしょう。
観葉植物には空気を清浄してくれる効果もありますしね。

まとめ

私は一時期なかなか眠りに就けないことが悩みだったことがありました。
いったん眠りに入ってしまえばいいのですが、眠りに入るのに何時間もかかることがあり、慢性的な睡眠不足の状況に陥ってしまいました。

そんなときブルーのコーディネートにすればいいということを知り、思い切って休日を使い大がかりに寝室をブルーベースの部屋に変えました。
その結果、前と比較すると寝付きやすくなったような気がして、カラーの持つ効果は決して侮れないなと思いました。

私の場合、壁紙なども淡いブルーに統一して、どこでもブルーが飛び込んでくるようにしました。
他にも寝室の印象はいかようにも変えられますから、今度思い切って部屋の模様替えにチャレンジしてみませんか?

この記事が気に入ったら いいね!しよう
プロダクトデザイナーが選んだ、毎日わくわく、
おしゃれでおもしろいインテリアや家具に関する
SPACE DESIGNの最新記事

コメントを残す

Blog Search ブログ内検索
Blog Category ブログカテゴリー
Popular Post 最近の人気記事
Recent Blog Post 最近の投稿
Blog Tag タグ
Space Design スペースデザイン
Contact お問い合わせ
Other その他のインテリア
Feature 特集
Contents コンテンツ
Blog ブログ
笠間 浩明(かさま ひろあき)

住まいを彩る、おしゃれで大きなデザイナーズ家具(インテリア)専門店、SPACE DESIGN ONLINE SHOP SINCE 2008の店長の笠間です。住まいと環境、夢を形にするデザインオフィスSPACE DESIGNが2008年から選んだ、おしゃれでちょっといいデザイナーズ家具を提案しています。デザイン力のあるソファーやベッドなどおしゃれなインテリアの力で、カラダにいい、素敵な毎日を送っていただける、まさに住まいを彩る、家具になると信じてます。一人暮らしや6畳、8畳にマッチするソファーやベッドに限らず、住まいを彩る、面白いインテリアや今日から使える家具はこちら
ブログはこちら

カレンダーの色のお日にちは定休日となっております。
ご連絡等に関しましては翌営業日となっております。
営業時間/10:00~17:30

一人暮らしやインテリアコーディネートをお考えでしたら、ご相談ください
閉じる