ワンルームでも十分楽しめる!必要最小限にインテリアコーデ集

お探しの商品在庫の有無、各種送料や配送スケジュール等のご確認は、こちらのお問い合わせフォームから、
又はshop@space-design.infoへメールで、ご連絡をお願いします。※弊社休日を除き、48時間以内に回答させて頂きます。
ソファ特集 Space Design Blog facebook
ワンルームでも十分楽しめる!必要最小限にインテリアコーデ集

ワンルームでも十分楽しめる!必要最小限にインテリアコーデ集

都会で一人暮らしをするとなると、そんなに広い部屋は家賃の都合上できないという人も多いでしょう。
ワンルームだといろいろとインテリアを入れてしまうと、窮屈な感じになってしまうという人もいるはずです。

でも何もインテリアを楽しむのは、いろいろな家具を入れないとできないというわけではありません。
必要最小限の家具を入れただけでも、機能的でおしゃれな部屋にすることが十分可能です。

そこでここでは一人暮らしの人におすすめしたい、インテリアコーデ術をいくつか紹介していきます。
これから引越しをしようと思っている人、部屋の模様替えを検討している人はぜひとも参考にして下さいね。

idea29image1

参照:http://www.interior-heart.com/

1.ソファーをおかずにフローリングの感じを楽しもう

一人暮らしの部屋にソファーのような大きめの家具を配置するのは、なかなか難しいでしょう。
でもそれを逆手にとって、あえて床のある生活を楽しんでみるのも良いでしょう。
もともと日本人はそのような生活を送ってきたので、あまり違和感はないと思いますよ。

ソファーを置かないことで、限られた空間でもすっきり広々とした感じになります。
たとえばいくつかクッションを準備しておけば、来客があった時でもクッションの上に座ってまったりとしたひとときを過ごせるはずです。

img03

参照:http://aflat.asia/

2.ローテーブルにラグを組み合わせたコーデ術

ソファーのない一人暮らしの生活を検討しているのであれば、ローテーブルを準備しましょう。
昔はいわゆるちゃぶ台といって、円形のものが中心でしたが、今ではいろいろな素材、デザインのものがあって部屋にマッチしたものを選べます。

床の上にそのまま座るのであれば、ラグを準備しましょう。
たとえばいくつか準備して、季節ごとに取り換えてみるのも良いかもしれません。
ラグの中にはホットカーペットと一緒に使えるようなものもありますから、要チェックですね。

idea49image1

参照:http://www.interior-heart.com/

3.床座なら低めのTVボードはおすすめ

ラグの上に座った状態で過ごしたいのであれば、他のインテリアアイテムもあまり高さのないものをチョイスすると良いでしょう。
例えばTVボードも低めのものにすれば、ちょうど良い高さでテレビを視聴することも可能でしょう。

ここでおすすめしたいのは、ローテーブルと素材を統一することです。
具体的にはローテーブルが木目のはっきりした感じであれば、TVボードも木の感じが伝わってくるようなデザインのものを選ぶべきです。

f1%e5%a5%b3%e6%80%a701-thumb-600x420-2718

参照:http://www.1hitorigurashi.com/

4.ベッドで眠りたいのであればローベットを活用

ワンルームでベッドを使いたいと思っているのであれば、ローベットを活用すると良いでしょう。
特に一人暮らしの方におすすめしたいのは、下部が収納スペースになっているローベットです。
これならベッドの下に小物やリネン類を収納できるため、余計なダンスなどを入れる必要がなくなります。

別に収納スペースがあれば、すのことマットレス、その上に布団を重ねる方法などもおすすめです。
こうすればベッドの下部に熱がこもりにくくなって、特に夏場の熱帯夜の時などサラサラの寝心地を堪能できると思いますよ。

5.調節のできるテーブルがおすすめ

一人暮らしのテーブルを探しているのであれば、サイズの変わるテーブルを用意すると良いでしょう。
具体的には伸び縮みができるとか、折りたたみのできるテーブルがあると一つで何役も果たしてくれます。

たとえば一人で食事をする場合には、折りたたんだ最小限のサイズで使用します。
そして来客があった場合、パソコン作業などでいろいろな書類を広げる必要のある場合にはテーブルを伸ばして利用しましょう。
シチュエーションに応じて使い方を変えられるようなテーブルがあると、大変重宝します。

6.ダイニングチェアは肘掛のついているものを

チェアをそう何脚も自宅に配置できないというのであれば、ダイニングチェアは肘掛のついているアイテムを選びましょう。
そうすれば食事や作業をする時に使用できる以外にも、まったりとくつろぎたい時でも両手を肘掛けに置いてだらんとした姿勢が取りやすいです。

長時間座ることを想定すると、座り心地の良さにもこだわった方が良いでしょう。
たとえば座面にある程度厚みのあるチェアであれば、皆さんの体重を受け止めてくれるので長時間座っていても体に負担もかからないはずです。

まとめ

私もワンルームの部屋で生活していたこともあるのですが、けっこうソファーなしで床の上で生活するのは良いですね。
座ってテレビを見ることもできますし、ちょっと眠たくなったときにはすぐに横になれるので便利です。

横になることが多いのであれば、少し毛足の長いフワフワしたラグが良いですね。
なぜなら薄めのラグだとフローリングの固さが体に伝わってきますから、寝返りを何度も打たないといけないからです。
クッションも傍らに置いておけば、ついつい昼寝で熟睡してしまうかもしれませんね。

この記事が気に入ったら いいね!しよう
プロダクトデザイナーが選んだ、毎日わくわく、
おしゃれでおもしろいインテリアや家具に関する
SPACE DESIGNの最新記事

コメントを残す

Blog Search ブログ内検索
Blog Category ブログカテゴリー
Popular Post 最近の人気記事
Recent Blog Post 最近の投稿
Blog Tag タグ
Space Design スペースデザイン
Contact お問い合わせ
Other その他のインテリア
Feature 特集
Contents コンテンツ
Blog ブログ
笠間 浩明(かさま ひろあき)

住まいを彩る、おしゃれで大きなデザイナーズ家具(インテリア)専門店、SPACE DESIGN ONLINE SHOP SINCE 2008の店長の笠間です。住まいと環境、夢を形にするデザインオフィスSPACE DESIGNが2008年から選んだ、おしゃれでちょっといいデザイナーズ家具を提案しています。デザイン力のあるソファーやベッドなどおしゃれなインテリアの力で、カラダにいい、素敵な毎日を送っていただける、まさに住まいを彩る、家具になると信じてます。一人暮らしや6畳、8畳にマッチするソファーやベッドに限らず、住まいを彩る、面白いインテリアや今日から使える家具はこちら
ブログはこちら

カレンダーの色のお日にちは定休日となっております。
ご連絡等に関しましては翌営業日となっております。
営業時間/10:00~17:30

一人暮らしやインテリアコーディネートをお考えでしたら、ご相談ください
閉じる