北欧スタイルにあこがれる!どのようなところに気をつければいい?

お探しの商品在庫の有無、各種送料や配送スケジュール等のご確認は、こちらのお問い合わせフォームから、
又はshop@space-design.infoへメールで、ご連絡をお願いします。※弊社休日を除き、48時間以内に回答させて頂きます。
ソファ特集 Space Design Blog facebook
北欧スタイルにあこがれる!どのようなところに気をつければいい?
800__6

北欧スタイルにあこがれる!どのようなところに気をつければいい?

日本人の間でもすっかり定着して、かつ安定した人気を誇る北欧インテリアです。
北欧インテリアを部屋の中に導入したいけれども、どうコーデすればいいのかわからないという人もいるでしょう。

そこでここでは、部屋別で北欧コーデのやり方で注意すべきことをいくつか紹介したいと思います。
北欧はもともと北極圏に近いところにあって、冬になると厳しい寒さになります。
ですから自宅にいることがどうしても長くなります。

そんな長く過ごす空間を少しでも過ごしやすくするためにはどうすれば良いか、先人たちの試行錯誤の中に北欧スタイルのインテリアコーデはあります。
心地よく過ごせる部屋にするためのポイントをいくつか紹介しましょう。

800__6

参照:https://allabout.co.jp/

1.モノトーンにすることで楽しく過ごせるダイニングスペースに

北欧インテリアでは、ダイニングテーブル&チェアはモノトーンのものがよく使われています。
あまり奇をてらったデザインにしないことで食事を楽しくし、長くそのスペースにいられるように工夫されています。

ホワイトとブラックを基調としたテーブルをコーデしてみましょう。
そしてたとえば食器棚などはアンティーク系のものをレイアウトしてみると、相性はいいと思います。
落ち着いてはいるものの、モードにもなりすぎず、過ごしやすい空間になると思いますね。

%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a02

参照:http://room-style.net/

2.ガラス瓶をテーブルに置くと北欧チックに

北欧の人々は、ドリンクのサーブを行うときにペットボトルではなく、ガラス瓶に入れるのが一般的なスタイルになっています。
この習慣を、皆さんの北欧スタイルのインテリアコーデの中に取り入れてみるのはいかがですか?

具体的にはダイニングテーブルの上にガラス瓶を置くインテリアコーデはおすすめです。
実際に飲み物を入れても良いでしょうし、入れておかなくてもオブジェとして、いいアクセントになると思います。

imgp4090-800x530

参照:http://piroleikki.com/

3.リビングには写真や絵を配置することで楽しい感じに

リビングは日中多くの時間を過ごす所ですし、来客があれば、一緒に過ごすスペースになるはずです。
北欧スタイルの部屋を見てみると、例えば棚の上や壁に絵画や写真を飾っているケースが多いです。

写真や絵画を飾ることで部屋の感じにメリハリができ、楽しく日中のひとときを過ごせるはずです。
写真や絵画を飾りたい、でもどれをアレンジすればいいか分からない時にはソファーやラグに注目しましょう。
写真や絵画のメインカラーがソファーやラグの色味と近いものをチョイスすると、バランスのとれた部屋になるはずです。

%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b01

参照:http://room-style.net/

4.ベッドルームは落ち着いた色を基調に

ベッドルームがあまりに派手だと気持ちが落ち着かなくなって、寝付けなくなる恐れもあります。
そこで北欧インテリアのベッドアイテムを見てみると、グレーのような落ち着いた色合いのものが多いです。
あまりカラフルにせず、シックに落ち着いた部屋にしてみましょう。

たとえばベージュやホワイト系のベッドをアレンジしてみるのもおすすめです。
もし少し地味すぎると思うのであれば、例えば枕カバーやラグでグリーンやストライプのような目立つ配置にしてみるのも面白いでしょう。

5.北欧スタイルのバスルームはグリーンがポイント

北欧のバスルームには一つ特徴があって、グリーンをワンポイントでも入れている部屋が多いです。
グリーンを入れることでナチュラルで植物の生命力を彷彿とさせてくれます。

具体的にはバスタブの近くにグリーンを入れるスタイルはおすすめですね。
植物の息吹を感じながらゆったりと湯船に浸かれば、1日の疲れをしっかり癒すこともできるはずです。

6.ライトにこだわってみるのが北欧スタイルの特徴

冒頭で紹介したように、北欧は特に冬場寒さが厳しくなりますし、日照時間も短いです。
このため、部屋のライトに対してこだわりを持つ傾向が見られます。

北欧のインテリアメーカーの中には、照明器具を提供しているブランドもたくさんあります。
中にはかなり個性的なランプシェードなどを提供しているメーカーも見られます。

例えばレ・クリントなどは、有名なメーカーです。
リビングのメインの照明をこのような北欧メーカーのインパクトのあるものを用意して、個性的な部屋にしてみませんか?

まとめ

私は賃貸探しをする時に、けっこうバスルームにはこだわりを持っています。
部屋が多少狭くても、バスルームだけはゆったりと湯船に浸かれるような所を探すようにしています。

やはり1日の仕事の疲れを癒すには、のんびりとお風呂に入りたいところです。
北欧スタイルの部屋づくりの中で注目したのは、グリーンを使ったバスルームのアレンジですね。
バスルームに植物などのグリーンを入れるという発想はなかったので、思わずうなってしまいました。

私も現在バスルームにグリーンを取り入れています。
卓上サイズの観葉植物なのですが、これを入れただけでもだいぶリラックスしてバスタイムを堪能できるようになった気がしますね。

この記事が気に入ったら いいね!しよう
プロダクトデザイナーが選んだ、毎日わくわく、
おしゃれでおもしろいインテリアや家具に関する
SPACE DESIGNの最新記事

コメントを残す

Blog Search ブログ内検索
Blog Category ブログカテゴリー
Popular Post 最近の人気記事
Recent Blog Post 最近の投稿
Blog Tag タグ
Space Design スペースデザイン
Contact お問い合わせ
Other その他のインテリア
Feature 特集
Contents コンテンツ
Blog ブログ
笠間 浩明(かさま ひろあき)

住まいを彩る、おしゃれで大きなデザイナーズ家具(インテリア)専門店、SPACE DESIGN ONLINE SHOP SINCE 2008の店長の笠間です。住まいと環境、夢を形にするデザインオフィスSPACE DESIGNが2008年から選んだ、おしゃれでちょっといいデザイナーズ家具を提案しています。デザイン力のあるソファーやベッドなどおしゃれなインテリアの力で、カラダにいい、素敵な毎日を送っていただける、まさに住まいを彩る、家具になると信じてます。一人暮らしや6畳、8畳にマッチするソファーやベッドに限らず、住まいを彩る、面白いインテリアや今日から使える家具はこちら
ブログはこちら

カレンダーの色のお日にちは定休日となっております。
ご連絡等に関しましては翌営業日となっております。
営業時間/10:00~17:30

一人暮らしやインテリアコーディネートをお考えでしたら、ご相談ください
閉じる