狭い部屋を有効活用するためにはインテリアの配置

お探しの商品在庫の有無、各種送料や配送スケジュール等のご確認は、こちらのお問い合わせフォームから、
又はshop@space-design.infoへメールで、ご連絡をお願いします。※弊社休日を除き、48時間以内に回答させて頂きます。
ソファ特集 Space Design Blog facebook
狭い部屋を有効活用するためにはインテリアの配置
f14bed48

狭い部屋を有効活用するためにはインテリアの配置が重要なポイント

ワンルームのような狭いスペースで生活している人にとって、少しでも部屋を広く見せたいと思うはずです。
その場合、重要になるのがインテリアです。

どのようなインテリアを利用するのか、そしてインテリアをどこに配置するかで部屋の印象は大きく変わります。
これから一人暮らしをスタートさせようと思っている人は、部屋を狭く見せないインテリアコーデの方法をマスターしておいた方が良いでしょう。
インテリアコーデの中でも使える基礎知識を、いくつか紹介していきます。

f14bed48

参照:http://roomest.doorblog.jp/

家具の方向を一つにまとめるのが基本

部屋が狭く見えてしまう理由の一つに、ガチャガチャした印象があります。
インテリアがいろいろな方向を向いていると、まさにガチャガチャした印象になって狭く落ち着かない雰囲気になります。

たとえば、収納家具やテレビ台を壁際に置くことで、部屋に一体感が出てきます。
そしてテレビに対してソファーやテーブルを置くといった感じで、統一感の出るようなレイアウトを考えましょう。

osroom4

参照:http://makiharateruhisa.com/

ワンルームでも生活空間を分けること

ワンルームの場合、食事をするのも眠るのも同じ部屋になってしまいがちです。
しかしそれだと部屋のメリハリがなくなってしまうので、機能別にスペースを分けることも大事です。

基本的にはベッドスペースとダイニングスペース、リビングスペースの3つに分けるのがおすすめです。
それぞれのスペースごとに同じ系統のデザインのインテリアにすれば、スペースを分けることができます。
それぞれロータイプのインテリアを持ってくれば、スペースを仕切っても部屋が狭い感じにはならないでしょう。

スペースを分けるときには、インテリアを一種の仕切りのように活用しましょう。
デスクなどのあまり高さのない家具を浸かれば、スペースの区切りになりますし、家具を配置したことによる圧迫感も払しょくできます。

キッチン近くのスペースをダイニングスペースにして、ベッド空間としっかり分ける場合には、動線の確保を考えることが大事です。
スペースの区切りをつけたいがために、いろいろな家具を配置しすぎてしまうと圧迫感が出てきます。
区切りとすっきり感の両者のバランスをどうとるかが、インテリアコーデのポイントといえます。

Livingroom_8250

参照:http://matome.naver.jp/

ベッドをどう置くかでも部屋の印象は変わってくる

ベッドを縦置きにするか、横置きにするかでも部屋の印象は変わります。
部屋が縦長の物件で暮らしているのであれば、縦置きにすることで広さを作り出せます。
部屋もすっきりとした感じになって、動線も広めに確保でき、機能的な生活を送れます。

窓の開口部に対して横置きをするスタイルもありです。
すると手前に大きな幅を確保できて、そこにテーブルやソファーのような大きめのインテリアを配置しても部屋を圧迫することがないです。

5d251d1eb554d3068cc47a378d984c39

参照:http://mery.jp/

あえてベッドを真ん中に持ってくるテクニック

ベッドといえば、壁伝いに配置することが多いと思います。
しかしワンルームなどの狭い部屋の場合、あえて中央にベッドを持ってくる方法も検討の余地はあります。

真ん中にベッドを持ってきて、ベッドを取り囲むようにして他のインテリアをコーディネートしていくわけです。
ベッドの両側に空間ができるので、眠るときにゆとりを感じられるはずです。
イメージとしては、ホテルの客室のような感じになると思ってくださいね。

キャスター付きの移動家具をベッドの周りに配置するのもおすすめです。
ベッドを中心にして、必要な時にインテリアを引き寄せることが可能です。

このようなレイアウトにすれば、ベッドをソファー代わりにすることも可能です。
余計なインテリアを入れる必要もなく、効率的に限られた空間を活用できます。

ソファーを置く場合の他の家具のコーデ

一人暮らしの部屋にソファーを持ってくると、かなりの面積を占めてしまいます。
もしどうしてもソファーを持ってきたいのであれば、収納は壁を活用することが大事です。

もしサイドに収納インテリアを置いてしまうと、視界の抜けがなくなって窮屈な印象になります。
壁収納は見せる収納でもあって、オシャレな小物などをレイアウトすれば、すっきりとかつスタイリッシュな部屋に変えられます。

ロースタイルがワンルームや1Kルームの基本

インテリアコーディネートを一人暮らしの方が行う場合、ロータイプのものでそろえることです。
そうすると天井部分の抜けがよくなって、天井が高い印象になります。
つまり天井が高いと感じられる分、ワンルームや1Kタイプの部屋でも広く見せることが可能です。

ロータイプのソファーをアレンジする方法もあります。
背の低い家具で天井の空間を生かせるほかにも、ごろんと手軽に横にもなれます。
こたつとの相性も抜群で、年間通じて便利に利用できます。

家具を並べて配置する場合、それぞれ家具の高さをそろえるのもポイントです。
でこぼこしているよりも部屋が広く見えますし、整然としている印象が付きます。

インテリアの高さ以外でも、表面も揃えた方が部屋も広く感じられるはずです。
表面に凸凹があると、ごちゃごちゃした雑然とした印象になります。
出っ張りが目立っていないか、コーデをした時に確認することも大事です。

動線はなるべく中央に持ってくること

一人暮らしの部屋のレイアウトを考えるとき、まず中央部分にソファーなどを持ってきてくつろげる空間を確保します。
その周辺に固定家具を置いてしまえば、動線を中央に寄せることが可能です。

このようなレイアウトにすれば、最小限の動きで生活ができます。
かつ見た目も安定しますから、限られた空間でも決して窮屈な感じがなくなるわけです。

大きめの家具を入れたい場合には角に配置すべし

基本ワンルームのような狭めの部屋に入れる家具は、コンパクトサイズのものがおすすめです。
しかしどうしても大きめの家具を入れたいと思っているのであれば、壁や角のラインに沿ってレイアウトしてみましょう。
結果デッドスペースがなくなって、効率的に部屋の空間を利用できます。

大きめの家具を窓側に置いてしまうと、閉塞的な感じになりますし、手前に持ってくると圧迫感が出て動きを封じこまれるような感じになりますあら注意が必要です。
大きめの家具は、外に向かっておくようなイメージでレイアウトしてみるのがおすすめですね。

大きい家具を持ってくる場合でも、あまり奥行きのないアイテムを利用することです。
あまり奥行きがあり過ぎる家具は、部屋に圧迫感を生み出すからです。
奥行きは45㎝くらいが一人部屋の許容範囲だと思って、インテリアのチョイスをしてみましょう。

壁一面は収納スペースで固める

限られたスペースしかない一人暮らしの部屋では、いろいろな収納家具を置いている余裕はないでしょう。
その場合、どこか一方を収納家具にすべて使ってしまうくらいの考えでいた方が良いでしょう。

ユニットシェルフやスタッキングシェルフなどを活用すれば、付け替えができます。
引越しをする場合、部屋の模様替えをして気分をリフレッシュしたい場合でも手軽にアレンジを変えられると思いますよ。

家具をぴったりとくっつけてしまうのはNG

家具の間をぴったりとくっつけてしまうと、窮屈な印象になってしまうといわれています。
そこで家具同士に少し間隔をあけるようなレイアウトを考えましょう。

少なくても家具の間は5cm程度の余裕を持たせるのが目安です。
できれば10cm、特に家電との間はこの程度の間隔をあけるのが好ましいといわれています。

まとめ

私も上京したてのころは、ワンルームも狭いマンションで生活していました。
できるだけ大型の家具はいれないようにして、少しでも圧迫感を軽減できるように試行錯誤したものです。

上で紹介したように狭いワンルームでも、どのような家具をどこに置くかで印象はだいぶ変わってきます。
狭い部屋に適したインテリアはどれなのか、そのような視点で家具探しをしてみると部屋もまとまってくると思いますよ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう
プロダクトデザイナーが選んだ、毎日わくわく、
おしゃれでおもしろいインテリアや家具に関する
SPACE DESIGNの最新記事

コメントを残す

Blog Search ブログ内検索
Blog Category ブログカテゴリー
Popular Post 最近の人気記事
Recent Blog Post 最近の投稿
Blog Tag タグ
Space Design スペースデザイン
Contact お問い合わせ
Other その他のインテリア
Feature 特集
Contents コンテンツ
Blog ブログ
笠間 浩明(かさま ひろあき)

住まいを彩る、おしゃれで大きなデザイナーズ家具(インテリア)専門店、SPACE DESIGN ONLINE SHOP SINCE 2008の店長の笠間です。住まいと環境、夢を形にするデザインオフィスSPACE DESIGNが2008年から選んだ、おしゃれでちょっといいデザイナーズ家具を提案しています。デザイン力のあるソファーやベッドなどおしゃれなインテリアの力で、カラダにいい、素敵な毎日を送っていただける、まさに住まいを彩る、家具になると信じてます。一人暮らしや6畳、8畳にマッチするソファーやベッドに限らず、住まいを彩る、面白いインテリアや今日から使える家具はこちら
ブログはこちら

カレンダーの色のお日にちは定休日となっております。
ご連絡等に関しましては翌営業日となっております。
営業時間/10:00~17:30

一人暮らしやインテリアコーディネートをお考えでしたら、ご相談ください
閉じる