手軽にリラックスタイムを楽しめる!デッキチェアを自宅に導入してみよう

お探しの商品在庫の有無、各種送料や配送スケジュール等のご確認は、こちらのお問い合わせフォームから、
又はshop@space-design.infoへメールで、ご連絡をお願いします。※弊社休日を除き、48時間以内に回答させて頂きます。
ソファ特集 Space Design Blog facebook
手軽にリラックスタイムを楽しめる!デッキチェアを自宅に導入してみよう
cate_img_pickup_lounger

参照:http://www.teakfurniture.jp/

日中のんびりとくつろげるようなチェアがほしい、でも一人暮らしだとチェアを置けるようなスペースがあまりない…このような悩みを抱えている人も多いでしょう。
そのような人におすすめなのが、デッキチェアです。
デッキチェアは屋外で使用するものというイメージを持っている人も中に入るかもしれません。

しかし部屋の中でリラックスするために愛用している人も結構多いです。
なぜならデッキチェアは、リクライニングできるようになっているからです。

また折りたためるチェアも多く販売されていますから、必要な時だけ部屋に持ってくることができます。
使わない時には折りたたんでどこか空きスペースに収納すれば良いので、一人暮らしの方でも十分活用できると思いますよ。

1.使い勝手のいいのは定番の布張りデッキチェア

デッキチェアの中でも定番と言われているのが、布張りのものです。
どのようなデザインの布を持ってくるかで、デッキチェア全体の印象も変わってきます。
このため、バリエーションも豊富で自分の希望しているアイテムが見つかりやすいというメリットがあります。

軽量で簡単に折りたたむこともできるので、簡単に持ち歩くことも可能です。
たとえば普段は自宅のインテリアとして、そしてアウトドアでも一緒に携帯してといった活用もできるわけです。
FT0052-FT0137
参照:http://rental.web-barbie.com/

2.スチール製のデッキチェアで近代的な雰囲気に

スチール製のデッキチェアが部屋の中にあると、近代的な印象の空間になると思います。
耐久性に優れていて一度購入すると長きにわたって使えるので、コスパでは有利といえますね。

スチール製のデッキチェアもバリエーションは豊富です。
リクライニングがフラットに近くできるものもあれば、チェアに近いものまでいろいろです。
アルミ製のデッキチェアであれば、より軽量になりますので持ち運びもしやすくなるでしょう。
59140c5bd527f
参照:https://sakidori.co/

3.自然に癒されたいのであれば木製のデッキチェアがオススメ

木製のデッキチェアは、部屋に置いておくだけでも癒されるような気分になります。
中には足置き部分のついているデッキチェアもあって、体を投げ出すような感じで座ることも可能です。

ただし木製のデッキチェアの場合、長時間そのまま座っていると体が痛くなるかもしれません。
長時間リラックスして過ごしたいと思っているのなら、座布団やクッションなどを敷いて座ると快適だと思いますよ。
しっかりとしているので、長期間にわたって愛用できますし、使い込むと独特の味の出るのも醍醐味の一つですね。
jati_deckchair600
参照:http://www.ekag.jp/

4.手軽にデッキチェアを導入したければポリエチレンのものを

ポリエチレンのような合成繊維を使ったデッキチェアも、いろいろと販売されています。
他のデッキチェアと比較すると、リーズナブルな価格で販売されているものもあります。
インテリアに興味があるけれども、あまりお金を使うわけにもいかないといった人におすすめですね。

しかも強度に優れているところも魅力です。
たとえば飲み物をこぼしてしまったといった場合でも、さっとふきんなどで拭きとってしまえばシミなどもできにくいです。
N563646_3L1
参照:http://www.askul.co.jp/

5.リクライニングできるデッキチェアが人気

デッキチェアの中でも人気の高いのが、リクライニングできるものです。
身体を預けることができるのでよりリラックスできますし、フラットに近くなるものであれば、寝転がることも可能です。

中には背もたれと足置きの部分が連動して調整できるようなアイテムも販売されています。
脚も挙げてほとんどベッドで横になっているのと同じような感じになりますから、昼寝したいと思っている人にはオススメですね。

6.デッキチェアにはサイドテーブルを組み合わせてみよう

デッキチェアは用意できるけれども、テーブルを置くスペースがないという人もいるかもしれません。
その場合にはアウトドア用のサイドテーブルをセッティングしてみると良いでしょう。
アウトドア用のサイドテーブルは折りたたみが可能ですから、デッキチェア同様使わない時には折りたたんでしまうこともできます。

サイドテーブルですが、いろいろなものを置くことができるようになっています。
たとえば飲み物を入れたグラスとか、本などを置くのに適していますから、日中コーヒーや紅茶を飲みながら読書をするといった贅沢なひとときも手軽に行えます。

まとめ

私も一人暮らしを始めてしばらくしたころに、デッキチェアをリビングに入れてみました。
意外と部屋の中にマッチして、実際に座り心地も良いので思わぬ掘り出し物だったなと思っていました。

私の使っているデッキチェアですが、布張りのものです。
北欧家具にありそうな色合い・デザインのもので、木製のサイドテーブルとコーデしてみました。
ほっこりとできるような空間にできたので、大変満足しています。

スチール製やポリエチレン製のデッキチェアになると、近代的で色も華やかなアイテムも数多く出ています。
木製になると今度はほっとくつろげるようなナチュラル感が増します。
チェアがほしいけれども部屋が狭くなると思っている人がいたら、デッキチェアを購入するのはおすすめだと思いますよ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう
プロダクトデザイナーが選んだ、毎日わくわく、
おしゃれでおもしろいインテリアや家具に関する
SPACE DESIGNの最新記事

コメントを残す

Blog Search ブログ内検索
Blog Category ブログカテゴリー
Popular Post 最近の人気記事
Recent Blog Post 最近の投稿
Blog Tag タグ
Space Design スペースデザイン
Contact お問い合わせ
Other その他のインテリア
Feature 特集
Contents コンテンツ
Blog ブログ
笠間 浩明(かさま ひろあき)

住まいを彩る、おしゃれで大きなデザイナーズ家具(インテリア)専門店、SPACE DESIGN ONLINE SHOP SINCE 2008の店長の笠間です。住まいと環境、夢を形にするデザインオフィスSPACE DESIGNが2008年から選んだ、おしゃれでちょっといいデザイナーズ家具を提案しています。デザイン力のあるソファーやベッドなどおしゃれなインテリアの力で、カラダにいい、素敵な毎日を送っていただける、まさに住まいを彩る、家具になると信じてます。一人暮らしや6畳、8畳にマッチするソファーやベッドに限らず、住まいを彩る、面白いインテリアや今日から使える家具はこちら
ブログはこちら

カレンダーの色のお日にちは定休日となっております。
ご連絡等に関しましては翌営業日となっております。
営業時間/10:00~17:30

一人暮らしやインテリアコーディネートをお考えでしたら、ご相談ください
閉じる