清潔感だけじゃない!白ベースのインテリアは模様替えもやりやすい

商品在庫、送料やスケジュール等のご確認はこちらのフォームから、又はshop@space-design.infoへご連絡をお願いします
ソファ特集 Space Design Blog facebook
清潔感だけじゃない!白ベースのインテリアは模様替えもやりやすい
20150406141003

参照:http://sclo-b.hatenablog.com/

インテリアのアレンジを決めるにあたって、ベースカラーをどうすべきかはしっかり考える必要があります。
なぜならベースカラーを決めれば、それだけで統一感が出てまとまりのある空間になるからです。

ベースカラーはあまりインパクトのある色ではなく、オーソドックスなカラーを使うのがセオリーです。
その中でも人気のあるのが、白ベースのカラーアレンジです。

白という色は清潔感がありますし、何よりもどのような色とも組み合わせやすいのが魅力です。
つまりインテリア小物を少し変えるだけでも、部屋のイメージを壊すことなくイメージを変えやすいのです。
白ベースの部屋のインテリアコーデをどうすべきかについて、以下でいろいろと紹介してみたいと思います。

1.フォーカルポイントを作り出しやすいのが白ベースの部屋の特色

白ベースの部屋の良いところは、空間を実際よりも広く見せられる点にあります。
なぜなら白は光を良く反射することによって、部屋を明るく見せ、その結果部屋の奥行きを広く見せられるからです。

またフォーカルポイントといいますが、部屋に入った時にある一点に視線を集中させやすいのです。
つまり自分が「ここにこういうアクセントを加えたい」と思った通りの部屋にアレンジしやすいというメリットも期待できますよ。
o0720048013576185280
参照:https://ameblo.jp/

2.アレンジしやすいのはブラウンなどのナチュラル系のインテリア

白ベースの部屋は、どのようなカラーでも基本合わせやすいです。
しかしあまりにインパクトのあるものやいろいろなカラーを使ってしまうと、部屋に落ち着きがなくなってしまいます。
たとえば、ブラウンのようなナチュラルさを連想させるインテリアと組み合わせるのが無難だと思います。

たとえば、スツールやチェアを木製のものでアレンジしてみましょう。
白ベースののっぺりした空間を引き締めてくれますし、木のぬくもりが感じられることで安心感も高まると思いますよ。
idea36image2
参照:http://www.interior-heart.com/

3.木製のカッティングボードでキッチンが優しく

白ベースのキッチンスペースで、例えばシンクもステンレス製だとスペース自体はまとまりがあるかもしれません。
しかしどことなく、人間の温かみの感じられない、殺風景なキッチンになってしまいませんか?

このような冷たい印象の部屋にも、ワンポイント木製のナチュラルアイテムを持ってくるだけでも温かみが増します。
たとえば、木製のカッティングボードを部屋の壁に引っ掛けてみましょう。
これだけでも、北欧の田舎の住宅のような暖炉の暖かさを感じさせてくれる部屋の印象に簡単に替えられます。
3bd0c412f8539aa823d1ea4c5e9c575ac904dc27
参照:http://roomclip.jp/

4.観葉植物を加えることでアースカラーの落ち着きのある感じに

一人暮らしをしている人の間で、観葉植物を自分の部屋に中に取り入れるケースも増えていますね。
白ベースの部屋で、先ほど紹介したナチュラル系のインテリアを入れているのであれば、観葉植物を取り入れるのはおすすめです。

ベースカラーのホワイトにブラウンがアクセントになって、そこに観葉植物のグリーンが加わります。
アースカラーの空間となって、森や草原の中にたたずんでいるような雰囲気になって、リラックスできる空間になると思いますよ。
4b20538babd015c0ed5399841f4e9e1c--living-room
参照:https://www.pinterest.jp/

5.鮮やかな色を加える場合には配置などにも注意して

ワンポイントでたとえばレッドやイエロー、ターコイズブルーなどのアイテムを入れるのもホワイトベースの部屋ではありです。
ただしこのような鮮やかな色を入れる場合には、どこにレイアウトするかも部屋の印象を決めるにあたって重要な要素になります。

左右や上下を整えることで、部屋のバランスを整えられます。
またどの程度の割合で、このような鮮やかな色を加えるかも重要なポイントになってくるでしょう。
あまりカラーが多く入ってしまうと、落ち着きのない部屋になってしまいますから、ワンポイントツーポイントくらいを目安にしましょう。

6.白ベースの部屋に黒を加えるとぐっと引き締まる

白ベースの部屋はまとまりがあって、清潔感のあるさわやかな印象になります。
しかしほとんどのインテリアを白でまとめてしまうと、のっぺりとした感じで何か物足りなさを感じる人も多いと思います。

白ベースの部屋の中に、ブラックのインテリアを加えるとエッジがきいて、部屋が全体的に引き締まったような印象になります。
白の壁にブラックをベースカラーにした絵画やポスターを貼り付けるのもおすすめですね。
その他にもたとえば、ブラックもしくはブラック&ホワイトのボーダー柄のラグを敷くことによって、部屋の印象を変える方法もおすすめですよ。

まとめ

一人暮らしを始めるようになって10年近く経過して、その間に何度か引越しをした経験があります。
その経験上いえることは、日本の賃貸物件は白ベースの部屋が多いということですね。
白の部屋というのは、万人に受け入れやすいことも関係しているのかもしれません。

ホワイトの部屋は明るくて清潔感がありますが、何かぼんやりとした印象になります。
私はブラックを取り入れて、モノトーンの部屋にすることが多いです。

白い空間の中にブラックが入ると、ぐっと引き締まった印象になるような気がしています。
また部屋のバランスを崩すリスクも少ないので、インテリアのセンスがそれほど高くない私でも簡単に取り入れられるのは魅力ですね。

この記事が気に入ったら いいね!しよう
プロダクトデザイナーが選んだ、毎日わくわく、
おしゃれでおもしろいインテリアや家具に関する
SPACE DESIGNの最新記事

コメントを残す

Blog Search ブログ内検索
Blog Category ブログカテゴリー
Popular Post 最近の人気記事
Recent Blog Post 最近の投稿
Blog Tag タグ
Space Design スペースデザイン
Contact お問い合わせ
E-mail : shop@space-design.info
TEL : 03-6809-1804
MB : 070-6576-4368

- 免責事項
- サイトマップ
- リンク
Other その他のインテリア
Feature 特集
Contents コンテンツ
Blog ブログ
相楽 喜一郎(さがら きいちろう)

住まいを彩る、おしゃれで大きなデザイナーズ家具(インテリア)専門店、SPACE DESIGN ONLINE SHOP SINCE 2008の店長の相楽です。住まいと環境、夢を形にするデザインオフィスSPACE DESIGNが2008年から選んだ、おしゃれでちょっといいデザイナーズ家具を提案しています。デザイン力のあるソファーやベッドなどおしゃれなインテリアの力で、カラダにいい、素敵な毎日を送っていただける、まさに住まいを彩る、家具になると信じてます。一人暮らしや6畳、8畳にマッチするソファーやベッドに限らず、住まいを彩る、面白いインテリアや今日から使える家具はこちら
ブログはこちら

カレンダーの色のお日にちは定休日となっております。
ご連絡等に関しましては翌営業日となっております。
営業時間/10:00~17:30

一人暮らしやインテリアコーディネートをお考えでしたら、ご相談ください
閉じる