狭いワンルームの部屋でも大丈夫!ミニサイズの観葉植物で癒しの空間を

商品在庫、送料やスケジュール等のご確認はこちらのフォームから、又はshop@space-design.infoへご連絡をお願いします
ソファ特集 Space Design Blog facebook
狭いワンルームの部屋でも大丈夫!ミニサイズの観葉植物で癒しの空間を
6f4a8196fdaf2d780ff19423074e1853-e1412182223843

参照:http://a-t-g.jp/

インテリア関連の特集を見てみると、観葉植物をアレンジする方法がたびたび紹介されていますね。

私もアレンジしているのですが、観葉植物があるとどことなくホッと癒されるような感じがします。

でもワンルームのような狭い部屋で生活している人の中には、「観葉植物なんて入れられない」と思っている方もいると思います。
最近ではコンパクトサイズの観葉植物もいろいろと出てきていて、一人暮らしの限られたスペースでも十分楽しめるんです。

これから一人暮らしでも十分レイアウトできる観葉植物をいくつか紹介したいと思います。
結構小さなサイズでも、個性的な形をした観葉植物もあって、部屋のアクセントとして活用できるはずです。

1.ぽってりとして丸みのある表情が魅力的なアドロミスクス

アドロミスクスは、多肉植物の一種でそれほど大きなサイズではない観葉植物になります。
葉っぱがぷくっと丸みを帯びた形状をしているのが、見れば見るほど愛らしく感じられますね。

この葉っぱですがぷくっと膨らんでいるのは、水分を蓄えるためだといわれています。
このため、乾燥に非常に強みを持った植物といえます。
仕事をしていてうっかり数日間水やりを忘れてしまったといった場合でも、枯れるリスクが少なく飼育しやすいと思いますよ。
1500465837143_thum_1500465836515_thum_photo
参照:http://greensnap.jp/

2.コンパクトサイズのサボテンでユニークな空間を作る

一人暮らしの飼育する観葉植物の中でも人気の高いのが、サボテンです。
サボテンの中には片手で持てるようなコンパクトサイズの品種もあって、一人暮らしでも手軽にディスプレイを楽しめると思います。

サボテンをアレンジするときには、花瓶にもこだわってみると面白いかもしれません。
例えば従来の花瓶ではなく、アンティーク館や輸入食材の空き缶の中に入れることでより存在感のあるインテリアアイテムになると思いますよ。
03102119_531e6494e7d3c
参照:https://www.flower-corp.jp/

3.一見すると植物に見えない?不思議な存在感のあるリトープス

観葉植物と言われると、幹があってそこから茎が枝分かれして、葉っぱの生えているフォルムを想像する人も多いと思います。
そのようなイメージでいると、リトープスは「本当に植物なの?」と戸惑ってしまうようなユニークな形状をしています。
何かオブジェのような、不思議な形状をしています。

形状だけでなく、カラーに関しても何とも言えないアレンジをしています。
幾何学模様のような、緑や赤、白といったほかの植物ではなかなか考えられない配色です。

リトープスを飼育するときには水のやり過ぎに注意しましょう。
水やりをし過ぎると、かえって腐ってしまいますから適度に調節することが大事ですね。
121730
参照:https://shopping.yahoo.co.jp/

4.盆栽で和風チックにしたいのであればヤマモミジ

観葉植物として、盆栽にチャレンジしてみる方法もあります。
豆盆栽という、小さめのサイズの盆栽でアレンジするアプローチが一人暮らしにはオススメです。

中でも人気なのは、ヤマモミジです。
もみじですから、秋口になると赤く葉っぱが変色します。
しかし赤くなる前の段階の青々とした様子を見ているだけでも十分癒されると思います。

豆盆栽をする時に注意したいのは、水やりの加減です。
水やりをしないと枯れてしまいますし、やりすぎると根腐れを起こしてしまいます。
目安としては夏は1日2回、秋は1日1回、冬は2~3日に1回くらいのペースがオススメですね。

5.苔玉はどんな狭い部屋でもアレンジできる観葉植物

ワンルームの狭い部屋で暮らしていて、とても観葉植物を置けるスペースがないという人もいるでしょう。
そのような狭い部屋でも、苔玉であればディスプレイできると思いますよ。
なぜなら松ぼっくりよりも小さなサイズのものもありますから、かさばることはないためです。

ふわふわした見た目からしても、ホッと癒されるはずです。
木製のプレートの上に乗せるだけでも、和風チックな空間を作り出せます。

6.ユニークなアレンジの観葉植物ならディオネアがおすすめ

いわゆる花瓶や植木鉢と植物のようなオーソドックスな組み合わせでは満足できない人はいませんか?
そのような人におすすめの観葉植物が、ディオネアです。
ディオネアは食虫植物の一種ですが、ガラスの容器と相性のいいことで知られています。

たとえばテラリウムにして、ディオネアを部屋の中に飾るのも良いでしょう。
シンプルな部屋の中で存在感が出ますから、フォーカルポイントとしても活用できると思います。

まとめ

私が観葉植物のアレンジを始めたのは、都会で一人暮らしを始めてしばらく経った頃でした。
この時「都会で暮らしている」ことを意識しすぎてしまって、スタイリッシュさを追求しすぎました。

自分の本来のキャラとギャップができ始め、部屋はまとまっているけれどもどことなく違和感がありました。
そんなときに、先ほど紹介した豆盆栽を部屋の中に取り入れました。

スタイリッシュな空間の中で、和風の盆栽は少しアンバランスかもしれないと思ったのですが、意外と両者はマッチしましたね。
昔懐かしい和風のアレンジを施すことで、ホッとできる空間にもなりました。
このように部屋のアレンジをして、どこか不満があるといった時には観葉植物をワンポイントで取り入れると自分のイメージに一気に近づくこともありますよ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう
プロダクトデザイナーが選んだ、毎日わくわく、
おしゃれでおもしろいインテリアや家具に関する
SPACE DESIGNの最新記事

コメントを残す

Blog Search ブログ内検索
Blog Category ブログカテゴリー
Popular Post 最近の人気記事
Recent Blog Post 最近の投稿
Blog Tag タグ
Space Design スペースデザイン
Contact お問い合わせ
E-mail : shop@space-design.info
TEL : 03-6809-1804
MB : 070-6576-4368

- 免責事項
- サイトマップ
- リンク
Other その他のインテリア
Feature 特集
Contents コンテンツ
Blog ブログ
相楽 喜一郎(さがら きいちろう)

住まいを彩る、おしゃれで大きなデザイナーズ家具(インテリア)専門店、SPACE DESIGN ONLINE SHOP SINCE 2008の店長の相楽です。住まいと環境、夢を形にするデザインオフィスSPACE DESIGNが2008年から選んだ、おしゃれでちょっといいデザイナーズ家具を提案しています。デザイン力のあるソファーやベッドなどおしゃれなインテリアの力で、カラダにいい、素敵な毎日を送っていただける、まさに住まいを彩る、家具になると信じてます。一人暮らしや6畳、8畳にマッチするソファーやベッドに限らず、住まいを彩る、面白いインテリアや今日から使える家具はこちら
ブログはこちら

カレンダーの色のお日にちは定休日となっております。
ご連絡等に関しましては翌営業日となっております。
営業時間/10:00~17:30

一人暮らしやインテリアコーディネートをお考えでしたら、ご相談ください
閉じる