商品在庫、送料やスケジュール等のご確認はこちらのフォームから、又はshop@space-design.infoへご連絡をお願いします
ソファ特集 Space Design Blog facebook
転職して彼女もできた!生活環境の一変した男の物語
original-671c73498f4781d60c203b28b4cc6d3c5b57434b

参照:https://play-life.jp/

■転職にチャレンジ

どうも真司と申します。
山形から出てきて、金融機関で大学卒業を機に就職しました。
アナリストとして勤務していて、それなりに充実した日々を送っていました。

アナリストとして勤務して5~6年経過したところでしょうか、徐々にほかの金融機関に行ってチャレンジしたいという気持ちも高まってきました。
そして心機一転、他の金融機関に転職して今もアナリストとしてやらせてもらっています。
前の職場と同じ丸の内にあるのですが、今までよりもより責任感のかかるところで仕事をさせてもらっています。

少し前の職場と仕事内容も変わっていますし、同じことをするにしても会社によってそのやり方も違うんですね。
いままでの自分のやり方が時として通用しないこともあって、戸惑うことも多かったです。
でもだんだんと今の会社のやり方も分かってくるようになって、仕事をするのもゆとりを感じるようになりました。

■彼女もできた

転職をして、何か自分に良い運が向いてきたのかもしれませんね。
学生時代から社会人になって、なかなか彼女ができませんでした。
仕事が忙しいこともあったかもしれませんが、もともと自分はモテるルックスでもありませんしね(-。-)y-゜゜゜。

でも転職をしてすぐに、彼女ができたのです。
彼女が学生時代の先輩に紹介してもらった人で、先輩の会社の同僚だといいます。
正直自分のタイプではなかったのですが、先輩に強引に「彼女がいないなら付き合えば」みたいな感じで言われてしまい、友達としてのお付き合いから始めました。

でもだんだんとデートをしていくにしたがって、「この娘と一緒にいると楽だな」という感じがしたのです。
なんか日なたに干してフカフカの布団にくるまれているような、ホッとできる感じと言ったらわかりやすいですかね。
今ではきちんとお付き合いをしていて、自分でいうのもなんですがラブラブです(ネットって口に出して言うのは恥ずかしいことでも蹴校気軽にかけるのが良いですよね)。

転職して彼女もできて、思い切って引越しして生活拠点も変えてみようと思いました。
今まで錦糸町で暮らしていたのですが、家賃のランクを少しアップして秋葉原のマンションを借りました。
いままでワンルームで暮らしていたのですが、彼女が来ても良いように1LDKの間取りと少し部屋も広くなりましたね。
4430424504_b51532c218_b
参照:http://d.hatena.ne.jp/

■ラグにこだわってみた

今まで錦糸町で暮らしていた時には、ソファーをリビングに用意して、休日の日中はそこでゴロンという感じでした。
錦糸町のときにはあまり気が付かなかったのですが、1LDKの部屋で暮らすようになって、フローリングが広く目立つような感じがしました。
フローリングって、特に冬場の寒い時に実感するのですが冷たいというイメージが強いんですね。

そこでラグを敷いて、そのフローリングの冷たさをカバーしようと思うようになりました。
秋葉原のインテリアショップに彼女とデートした時に、立ち寄ってみました。
「ちょっと部屋にラグを入れたいから付き合ってくれない?」と誘ってみると、彼女も喜んで一緒に探してくれました。

彼女といろいろとショップであれこれと探して、選んだのは毛足の少し長めの楕円形のラグでした。
ふわふわの感じがして、フローリングの冷たさをカバーするのには十分でしたね。
で、彼女が楕円形のラグを推してくれたのですが、四角形の角ばった感じがなく、やわらかくて優しい感じがするのも気に入っています。

最近ではソファーに横になることよりも、ラグで横になることが多いですね。
日差しがあってポカポカしているときには、つい転寝をしてしまうこともあるんです。
ラグで寝転がるのが好きで、やっぱり畳で暮らしてきた日本人の血が自分にも流れているのだなって、つくづく感じましたね。
color02
参照:https://www.low-ya.com/

■ソファーは新品の物に

以前錦糸町で暮らしていた時には、ユーズドショップのソファーを購入して使っていました。
当時の自分の稼ぎ・貯蓄では新品のソファーを購入するのは難しいと思ったからです。
でも秋葉原に引っ越したときに、新品のソファーを購入しようと決めていました。

こっちは彼女とは一緒ではなく、一人きりの休日を満喫しているときにショップで購入しました。
いろいろと探していると、革のソファーに惹かれました。
せっかく秋葉原という都内でも有数の繁華街で暮らす、1LDKとワンルームよりも間取りもアップしたのだからと自分で言い訳を作ったりして(苦笑)、思い切って革のソファーを購入しました。

結構値の張る商品だったので、現金ではなくクレジットカードで購入しました。
キャッシュバックポイントで少しでもお得感を出そうとする、せこい私の本領発揮です(笑)。
革のソファーを部屋の中にセッティングしてみたのですが、存在感があって部屋の中が引き締まったような感じがしましたよ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう
プロダクトデザイナーが選んだ、毎日わくわく、
おしゃれでおもしろいインテリアや家具に関する
SPACE DESIGNの最新記事

コメントを残す

Blog Search ブログ内検索
Blog Category ブログカテゴリー
Popular Post 最近の人気記事

まだデータがありません。

Recent Blog Post 最近の投稿
Blog Tag タグ
Space Design スペースデザイン
Contact お問い合わせ
E-mail : shop@space-design.info
TEL : 03-6809-1804
MB : 070-6576-4368

- 免責事項
- サイトマップ
- リンク
Other その他のインテリア
Feature 特集
Contents コンテンツ
Blog ブログ
相楽 喜一郎(さがら きいちろう)

住まいを彩る、おしゃれで大きなデザイナーズ家具(インテリア)専門店、SPACE DESIGN ONLINE SHOP SINCE 2008の店長の相楽です。住まいと環境、夢を形にするデザインオフィスSPACE DESIGNが2008年から選んだ、おしゃれでちょっといいデザイナーズ家具を提案しています。デザイン力のあるソファーやベッドなどおしゃれなインテリアの力で、カラダにいい、素敵な毎日を送っていただける、まさに住まいを彩る、家具になると信じてます。一人暮らしや6畳、8畳にマッチするソファーやベッドに限らず、住まいを彩る、面白いインテリアや今日から使える家具はこちら
ブログはこちら

カレンダーの色のお日にちは定休日となっております。
ご連絡等に関しましては翌営業日となっております。
営業時間/10:00~17:30

一人暮らしやインテリアコーディネートをお考えでしたら、ご相談ください
閉じる