4畳半から6畳に格上げになった独身女性の生活を紹介

お探しの商品在庫の有無、各種送料や配送スケジュール等のご確認は、こちらのお問い合わせフォームから、
又はshop@space-design.infoへメールで、ご連絡をお願いします。※弊社休日を除き、48時間以内に回答させて頂きます。
ソファ特集 Space Design Blog facebook
4畳半から6畳に格上げになった独身女性の生活を紹介

参照:https://sweet-shower.net/

■メガネ屋に就職した

お久しぶりです、萌です。
昔デザイン系の専門学校に通っていた時のことを紹介したと思うのですが、その後就職して忙しかったのでしばらく文章が書けなくてごめんなさい<(_ _)>。
今どこで働いているかっていうと、青山のメガネ屋さんです。

同窓会などに参加することもあるんですが、メガネ屋に勤めているというと「どんなことやってるの?」ってよく聞かれますね。
これを読んでいる人の中でも、メガネ屋の店員の仕事を知りたい人がいるかもしれないから、ちょっと紹介しておきますね。

私のお店は10時に開店なんですが、だいたい9時半ごろには仕事が始まります。
商品のチェックとか、前日の発注の確認、つり銭の準備、簡単な店内の清掃などを行います。

お店が開けば、基本的に接客業務になりますね。
でもお客さんのいない時には、事務系やメガネ加工の仕事などをできるだけ効率よくこなします。
こうすると午後になって客待ちの時間が増え、何もせずに過ごすことができるんです。

やっぱり朝頭がクリアになっているときにどんどん仕事を済ませたいからですね。
午後になるとそれまでの疲れもたまってくるから、どんどん仕事のはかどりが悪くなります。

うちのお店は夜の8時になると閉店になります。
その後も仕事があって、レジ閉めや銀行での入金作業、翌日のための発注作業などを行って、やっと退社です。
結構忙しいですが、いろいろなお客さんがやってくるので楽しいですよ。

ある日、営業の仕事をして外回りをしているときにメガネを壊してしまったというお客さんがやってきました。
とにかくすぐに眼鏡を作りたいということだったのですが、その人はかなりの禁止だったみたいで裸眼ではどのメガネが良いのか、鏡を見ても判別できなかったみたいです。

そこで私に向かっていくつか試着したメガネの中で「どれが一番マシに見えますか?」と聞かれました。
そんなことを言われてもこっちも困っちゃいますよね。
仕方なく「どちらもお似合いです」としか答えられなかったですね。

メガネ屋には結構面白いお客さんが来るんです。
また別の機会にメガネ屋のおもしろお客を紹介してみたいなって思っています。
074eed9e8452b7a27e1e37e6d19dce67--tiny-bedrooms-vintage-bedrooms
参照:https://it.pinterest.com/

■四ツ谷駅の近くに引越し

私は現在青山のメガネ屋に努めているので、昔暮らしていた学芸大学駅ではちょっと通勤するのが厳しいということで引っ越しました。
いま住んでいるのは、四ツ谷駅近くのマンションです。

おかげさまで就職でき、給料もそれなりに入ってきたので、昔のような4畳半のワンルームとは卒業できました(^o^)丿。
と言っても6畳でワンルームなんですが…。

四谷って新宿とかにも近いですし、けっこう都会のイメージがありました。
でも四谷って、東京に遊びに来た時にあまり訪れないですよね。
だから初めて訪れたときには、都会の割には自然とかもあって結構静かで暮らしやすい町並みだなと意外に感じたものでした。

あと四谷の周辺って、若い学生さんが多いですね。
それもそのはず、学習院とか上智大学があるから多く見られるんですよ。
あとでちょっと紹介しますが、それが私の人生のターニングポイントにもなったりして。

私が気に入っているのは、アトレ四谷ですね。
駅に隣接しているのですが、スーパーや惣菜店、ベーカリーなどがあって買い出しをする時にしばしば利用させてもらっています。
私はカフェに立ち寄るのが好きなんですが、アトレ四谷の中にはスタバがあって、よく利用しています。

スタバの店に入った時のカフェの匂いが何ともいえず好きですね。
期間限定のものもつい購入してしまいますが、私的に不動の1位はやっぱりキャラメルマキアートですね。
コーヒーの苦みとキャラメルの甘い感じがうまくブレンドされていて、いつ飲んでもおいしいですね。

キャラメルマキアートを飲みながら、読書をするひとときは至福ですよ。
休日などは結構私、スタバに出没していると思いますね。
1200px-Yotsuya-Sta-Akasaka
参照:https://ja.wikipedia.org/

■彼氏を今度自宅に呼ぶことに

ちょっと前に「学生が多いことが人生のターニングポイント」みたいなことを行ったと思います。
実は上智大学に通う学生とお付き合いしているんです(*^^)v。
私27歳、彼は21歳で6つも年下です。

いままで年上の人としかお付き合いしたことがなかったので、年下というのは新鮮な驚きがいろいろとあります。
年上だと「リードしてもらいたい」とか「こちらの話を聞いてほしい」って女子は思うじゃないですか?
でも年下だといろいろと相手に求めることも少なくなるし、変に気兼ねなく付き合えるので気楽ですね。

まだお付き合いをして3か月くらいなんですが、今度彼が自分の部屋にお泊りすることになりました。
4畳半のときにはテーブルなどに足をぶつけていた私が、彼を呼ぶことになるとは想像つきませんね。

今はソファーとベッド、そして学生時代のころに使っていたデスクを入れています。
デスクでリビングとダイニングテーブルを兼用している感じです。

今のレイアウトだとベッドとソファーが接近しているので少々圧迫感があるかなという感じがしています。
だからいろいろと考えてみて、デスクを処分して、少々小さめのローテーブルに代用しようかと思って、インテリアショップも近所を中心にチェックしています。

でもこのデスク、学生時代勉強していた時のいわば相棒のような存在です。
処分するのがもったいないような感じもして…。
結構悩んでいるんですが、皆さんだったらデスクはやはり処分しますかね?

この記事が気に入ったら いいね!しよう
プロダクトデザイナーが選んだ、毎日わくわく、
おしゃれでおもしろいインテリアや家具に関する
SPACE DESIGNの最新記事

コメントを残す

Blog Search ブログ内検索
Blog Category ブログカテゴリー
Popular Post 最近の人気記事
Recent Blog Post 最近の投稿
Blog Tag タグ
Space Design スペースデザイン
Contact お問い合わせ
Other その他のインテリア
Feature 特集
Contents コンテンツ
Blog ブログ
笠間 浩明(かさま ひろあき)

住まいを彩る、おしゃれで大きなデザイナーズ家具(インテリア)専門店、SPACE DESIGN ONLINE SHOP SINCE 2008の店長の笠間です。住まいと環境、夢を形にするデザインオフィスSPACE DESIGNが2008年から選んだ、おしゃれでちょっといいデザイナーズ家具を提案しています。デザイン力のあるソファーやベッドなどおしゃれなインテリアの力で、カラダにいい、素敵な毎日を送っていただける、まさに住まいを彩る、家具になると信じてます。一人暮らしや6畳、8畳にマッチするソファーやベッドに限らず、住まいを彩る、面白いインテリアや今日から使える家具はこちら
ブログはこちら

カレンダーの色のお日にちは定休日となっております。
ご連絡等に関しましては翌営業日となっております。
営業時間/10:00~17:30

一人暮らしやインテリアコーディネートをお考えでしたら、ご相談ください
閉じる