4畳半ワンルームでインテリアコーディネートをする無謀な話

お探しの商品在庫の有無、各種送料や配送スケジュール等のご確認は、こちらのお問い合わせフォームから、
又はshop@space-design.infoへメールで、ご連絡をお願いします。※弊社休日を除き、48時間以内に回答させて頂きます。
ソファ特集 Space Design Blog facebook
4畳半ワンルームでインテリアコーディネートをする無謀な話

参照:http://www.space-design.co.jp/

■意外といろいろなことが学べるデザインの専門学校

こんにちは、萌っていいます。
千葉で高校まで暮らしていたのですが、どうしても将来アクセサリー関係のデザイナーになりたくて上京してきました。

千葉県だったら実家から通えるんじゃないの?って思う人もいるでしょうね。
でもうちの両親は大学に行くことを希望していて、けっこう進路でぶつかっちゃって…。
それで私が家を出ていくみたいな形で、デザイナーの専門学校に進学しちゃいました。

だからあまり自分で自由にできるお金がない…。
そこで今は築古の4畳半のアパートで生活しています。

デザイナーの専門学校に通っているのですが、いろいろなことが勉強できて楽しいですね。
イラスト描画ソフトとか画像編集ソフトを使ってパソコンの勉強ができたり、ドローイングやデッサンの技術を勉強したりみたいな感じで思っているよりもいろいろと広範囲の暗るで勉強できるんです。

びっくりしたのはプレゼンテーションの授業もあった点ですね。
自分のアイデアをどううまく人に伝えられるか、説得できるかのための場だといいます。
あまり人まで話をした経験がないから緊張しますが、これもいずれ活用できると思ってがんばってやっています。

友達とも仲良くやっていますし、先生も質問などに真摯に耳を傾けてくれます。
結構空きっぽい性格の私ですが、何とか今まで続けられているのも学校が良かったからかもしれませんね。
あ、学校からお金をもらっているわけじゃないですよ(笑)。
chambre-ado-couleurs-pastelles
参照:https://sweet-shower.net/

■懐かしい雰囲気のある学芸大学

4畳半の狭いアパートで暮らしているといいましたが、住んでいるのは学芸大学駅です。
デザインの専門学校は目黒にあるので、通いやすいのもありましたが、実際に行ってみると暮らしやすいんですね。

駅前の商店街は、東京にまだこんな場所があったの?って言うくらい昭和を感じさせてくれます。
しかも駅前には東急ストアがあるので、電車を降りたついでに生活必需品の買い物ができちゃいます。

私の通っている学校では、けっこう宿題も出されます。
自宅にいてもなかなかはかどらない時には、碑文谷公園でやることもありますよ。
緑があって静かな公園でリラックスした気分で作業できるから好きですね。

碑文谷公園には緑だけでなく、池が中央にあります。
ボートに乗ることもできるみたいですが、あいにく私には彼氏がいません。
彼氏ができたら、一緒にデートの時などにボートに乗ってみたいなって思っています。
02321050_01
参照:http://www.stepon.co.jp/

■部屋は落ち着くんだけど…

何度も紹介していると思いますが、私の住んでいるアパートは4畳半のワンルームです。
昭和の苦学生の部屋っていうと、イメージしやすいかもしれませんね。

この部屋の中に、ソファーやテレビ、ステレオなどを入れています。
かなり狭苦しいんじゃないのと思う人もいるかもしれませんが、確かに狭苦しいです(笑)。

でもなんか昔からそうなんですが、広い部屋にポツンといると逆に落ち着かないような気がするんです。
広い部屋で自由に使って良いのなら真ん中に行っても良さそうなものなのですが、どうしても隅に隅に行ってしまいますね。
逆に狭い部屋で、インテリアなどの自分の身の回りのものが手の届くところにあると落ち着くんですね。

自宅でもさっきちょっと紹介しましたが宿題をすることもあるので、デスクを真ん中に用意しています。
そしてそのデスクを取り囲むような感じで、テレビやダンス、ソファーなどをセッティングしている感じですね。
狭いことは狭いと思いますが、圧迫されているとか窮屈な感じはありませんね。

ただ問題になるのは、動線が狭いことです。
インテリアをいろいろと入れてしまって、何とか生活はできるのですが、移動するのが結構大変です。
しっかりメジャーなどで測ったことはないですが、多分狭いところだと歩くスペースは30cmもないところもあると思います。

だから朝授業に遅刻しそうになった時などに慌てていると、家具に脛をぶつけてしまうことがありましたね。
弁慶の泣き所とはよく言ったもので、強くデスクなどにがんってぶつけると本当に痛くてしばらく動けなくなるんです。
最初の内は痛みに耐えることしかできないのですが、だんだん痛みが治まってくると今度はぶつかったものに対して、だんだんと腹が立ってくるんですよ。

昔は結構ぶつけていて、足に青あざがいつもあるような感じでした。
今はだいぶ慣れてきたので、それほどぶつけることはなくなりましたね。

それでも自宅でお酒を飲むことがあるんですが、飲み過ぎたときに家具に足をぶつけてしまうことは何度かありましたね。
ま酔っ払っているので、その時にはあまり痛みは感じないのですが(苦笑)。

インテリアを多少捨てた方が良いのかな、と脛の痛みや腹立たしさに耐えながら、時々考えますね。
でもどれも必要なものだし、いつか広い部屋に引っ越したときに手放せないような気がして、いつもずるずるしてしまいます。
狭い部屋で暮らしている人って、あまりインテリアとか入れてないんですかね?
blog_import_51f119007042c
参照:http://nestinterior.jp/

この記事が気に入ったら いいね!しよう
プロダクトデザイナーが選んだ、毎日わくわく、
おしゃれでおもしろいインテリアや家具に関する
SPACE DESIGNの最新記事

コメントを残す

Blog Search ブログ内検索
Blog Category ブログカテゴリー
Popular Post 最近の人気記事
Recent Blog Post 最近の投稿
Blog Tag タグ
Space Design スペースデザイン
Contact お問い合わせ
Other その他のインテリア
Feature 特集
Contents コンテンツ
Blog ブログ
笠間 浩明(かさま ひろあき)

住まいを彩る、おしゃれで大きなデザイナーズ家具(インテリア)専門店、SPACE DESIGN ONLINE SHOP SINCE 2008の店長の笠間です。住まいと環境、夢を形にするデザインオフィスSPACE DESIGNが2008年から選んだ、おしゃれでちょっといいデザイナーズ家具を提案しています。デザイン力のあるソファーやベッドなどおしゃれなインテリアの力で、カラダにいい、素敵な毎日を送っていただける、まさに住まいを彩る、家具になると信じてます。一人暮らしや6畳、8畳にマッチするソファーやベッドに限らず、住まいを彩る、面白いインテリアや今日から使える家具はこちら
ブログはこちら

カレンダーの色のお日にちは定休日となっております。
ご連絡等に関しましては翌営業日となっております。
営業時間/10:00~17:30

一人暮らしやインテリアコーディネートをお考えでしたら、ご相談ください
閉じる